赤理 浩一

KOICHI AKARI
デザイナー

1966年 熊本生まれ。
1994年 双子の兄弟とともに【akari design studio】設立。
婦人服ブランド「akari」販売をスタート。
1988年 文化服装学院 シューズ科にて教員として勤務。
2005年 靴、鞄コンサルティング会社 (株)jalfic入社。
2010年 (株) 興和インターナショナル入社。
2014年 同会社でオリジナルブランド【Bluestone】を立ち上げ日本の靴作り技術を最大限に生かしたレザーアイテムの開発に力を注ぐ。
2018年 日本橋に【Bluestoen Shop&Art space】をオープン。

SELECT ARCHIVE

Bluestone Sneakers - 見えないこだわり

こんにちは!

今回はBluestone Sneakersをつくる上で最も重要でこだわった部分「裏革」についてご紹介をしたいと思います。

画像は裏材に使用している牛ヌメ革で、スニーカーの靴紐部分の下にあるベロ裏に型押しされたアイコン!です。
なぜ!!隠れたところ?見えにないところ?にこだわるのか自分でも分からないのですが、実は「革中底」にも同じアイコン型押しが隠れています。
 
さらにアイコンの「革マーク」の中には「藍の葉」が隠れてデザインされています。
よ〜く見ないと分かりませんが!!いや!説明しないと分からないかも?

IMG_1243.jpg

私が「裏革」に関してこだわった理由の一つに30年ほど前、お世話になった靴職人さんに聞いて なるほど!と感じた事があったからです。
すっかり忘れていた事が30年後「Bluestone」の靴つくりで参考になる!!とは夢にも思わなかった事ですが・・・

それは当時、シープスキン(羊革)でつくられたロングブーツを見た靴職人さんが 何故?薄くて柔らかい羊革でつくったブーツの筒が倒れる事なくしっかりと立っているのか ? 不思議で靴の構造を調べる目的でブーツを分解をはじめたそうです。
イタリア製のロングブーツだったそうですが、職人さんは一番気になっていた ブーツ(筒)部分】の表革と裏革をはがそうとハサミで一気に履き口部分を切ったところ 何と!表革のみ「ストーン!」とはがれ落ちた状態になり、裏革だけがしっかりと【ブーツ(筒)形状】を保っていたそうです。
それを見た職人さんは腰を抜かし!というのは冗談ですが、バスローブが落ちた!といいながら目が点になっていたそうです。(職人さんから聞いた話です~笑)
その驚きは、表革と裏革を接着剤でほとんど止めていなかった事と表革の柔らかさを生かす為の「見えない部分へのこだわり」だったそうです。
上質な仕立てで作られたスーツも同じように「接着芯」で形を作るのではなく、毛芯ハ刺しをする事でしっかりとした形状が保てるのと同じでそのブーツも裏革に大きな意味があったんでしょうね〜

そろそろ「裏革」の説明に入りたいと思います。

IMG_1230.jpg

Bluestone Sneakers の核となる「SUKUMO Leather」も非常に柔らかくしなやかな「革」で普通に靴をつくってしまうとラスト(木型)のラインが再現できない為、表革の素材感を生かしながらしっかりと成型できる方法はないのか?試行錯誤を繰り返した結果「裏革」の重要性に着目し、さらに30年前に聞いた話を思い出しながら開発を進めました。

そこで裏革には表革と同じ厚み(1.6m/m)でハリのある「牛ヌメ革」を使用して裏革でラスト(木型)のラインを成型し、その上に表革がのっている状態にしてあります。
そのため型くずれが少なく、裏革が自分の足型を再現してくれる構造になっています。

こんな感じで!革の厚みはあっても「柔らかくてしなやかな」素材感が「SUKUMO Leather」最大の特徴です。

IMG_1238.jpg

表革(SUKUMO Leather)写真でも分かるように、ソフト感が半端ない!です。

IMG_1235.jpg

逆に裏革はソフトな触感なのにしっかりとしたハリ感があります。

IMG_1236.jpg

このように裏革が表革をしっかりと支えている状態が分かると思います。

IMG_1237.jpg

アッパー縫製が完成したところで「裏革」が靴の形をつくり、その上に「表革」が全体を包み込むように乗っている構造がBluestonre Sneakersをつくり出しているんです!!

mishin_03.jpg

裏革で使用した「牛ヌメ革」をブランドタグとして使用しています。
これもブランドのこだわりで、物を大切にしたい気持ちと商品として一番目立つ「ブランドタグ」に使う事で「裏革」の存在感を出したかったんです!

IMG_1240.jpg

実際こんな感じで商品に付いています!
「藍色」と相性もいい感じがしませんか?

IMG_1241.jpg

このようにして素材感を生かしながら型くずれを少なくする方法でまとめているので、〜履き込むほどに足に馴染む〜 感じなんです!!
また「裏革」がしっかりしている事で、本底の張り替えにも耐える事ができるんですよ!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
次回は、ちょっと変わった表革の「メンテナンス」ついてお話をしたいと思っています。






Official SNS

  • 小ロットから対応できる、革を使った贈呈品・OEM製作サービス
  • 天然本藍染革「SUKUMO Leather」を、贅沢に使用したラウンド・ジップ・ウォレット。
  • 財布・名刺入れなどの革小物を生み出しているブランド『Lutece(リュテス)』
  • peppercorn(ペッペルコルム)
  • メンズレザーストア実店舗
  • TOWARDS
  • FESON メンズレザーストア別注
  • MLS_LE'SAC / LS8129
  • MLS_FESON / FETB01-002
  • Bluestone メンズレザーストア

BLOG Rankingブログランキング TOP10

JAPAN LEATHER BRAND“Mens Leather Magazine”がオススメする本物志向のレザーブランド

Official SNS

Copyright© Mens Leather Magazine. All Rights Reserved.

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。