赤理 浩一

KOICHI AKARI
デザイナー

1966年 熊本生まれ。
1944年 双子の兄弟とともに【akari design studio】設立。
婦人服ブランド「akari」販売をスタート。
1988年 文化服装学院 シューズ科にて教員として勤務。
2005年 靴、鞄コンサルティング会社 (株)jalfic入社。
2014年 (株) 興和インターナショナル入社。
同会社でオリジナルブランド【Bluestone】を立ち上げ日本の靴作り技術を最大限に生かしたレザーアイテムの開発に力を注ぐ。
2018年 日本橋に【Bluestoen Shop&Art space】をオープン。

SELECT ARCHIVE

Bluestone Denim Sneakersのこだわり

素材にこだわり、製法にこだわった

【Bluestone Denim Sneakers】

Bluestoneの物つくりで最も重要な素材について
前回は、ご紹介させていただきました。
そこには手間を惜しまない職人さんがいて
日本の物つくりを大切にする思いがありました。
その思いを形にしたのが今回ご紹介する
【Bluestone Denim Sneakers】です。
unnamed.jpg
長く履き続ける事で価値が生まれる
スニーカーをつくりたかった。

お手入れを繰り返しながら履き続ける革靴とは違い
布地を使った靴は、破れたり!変色したり!
なかなか長く履き続ける事が難しい
とは思いませんか?

しかし布地の中でも「Denim:デニム」

少し違うと私は思います。

【10年以上使い込んだのデニムトート】

このバックは私が10年以上使っている物です。
購入当時、洗いをかけて多少「味出し」されて
いましたが、持ち手の部分や底面など今では摩擦で
擦り切れてボロボロの状態になってしまいました。

~こんな感じで、今でも大切に使い続けています~

0.jpg
【使い続ける事で新たな味わいが生まれる】
使い続ける事で新たな価値が生まれるデニム生地は
使う人によって様々な表情に変化します。
ビンテージジーンズのように時を超えて愛され
続ける様な「本格的なスニーカーを作りたい!」
という気持ちで生まれたのが
このデニムスニーカーです。
unnamed-(2).jpg
【定番モデルをベースに変化させる】 
それは
「リーバイスジーンズ」の様でもあり
「コンバーススニーカー」の様でもあり
「レッドウイング」のブーツの様でもあり
時代を超えて受け継がれたデザイン
「定番

を少しずつ変化させながら新しさを生む!!
そんなものづくりを意識してデザインしました。
_1.jpg0-1.jpg
IMG-2183.JPGスペックは全てスクモレザータイプと同じで
もちろん
アウトソールの貼り替え
が可能な仕様になっています。

藍染めレザーの変化とは違いデニム生地の
「アタリ感」や「味出し」
の雰囲気がどの様に出し始めたのか?
気になるところではございますが
「ただ今、育てている段階です!!」
いい感じの雰囲気が出て来たら
改めてご紹介させていただきます。

そのかわりと言っては何ですが?
次回はスニーカーと同じ組み合わせで出来た

Bluestone

Denim x SUKUMO Leather

Wallet

をピックアップして
「いい感じ!」になったデニムの風合い
も一緒にご紹介したいと考えています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!






Official SNS

  • 小ロットから対応できる、革を使った贈呈品・OEM製作サービス
  • 天然本藍染革「SUKUMO Leather」を、贅沢に使用したラウンド・ジップ・ウォレット。
  • 財布・名刺入れなどの革小物を生み出しているブランド『Lutece(リュテス)』
  • peppercorn(ペッペルコルム)
  • メンズレザーストア実店舗
  • TOWARDS
  • FESON メンズレザーストア別注
  • MLS_LE'SAC / LS8129
  • MLS_FESON / FETB01-002
  • Bluestone メンズレザーストア

BLOG Rankingブログランキング TOP10

JAPAN LEATHER BRAND“Mens Leather Magazine”がオススメする本物志向のレザーブランド

Official SNS

Copyright© Mens Leather Magazine. All Rights Reserved.

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。