鍵もコンパクトに使う時代だから。美しい発色のスマートキーケース!

水染めコードバン&クリスペルカーフ キーケース by YUHAKU(品番:YCC172)

皆さんはキーケースってどのようなものをご使用ですか?最近、オールインワンで収納ができる財布にご自宅の鍵を入れている方、さらには小銭入れに裸で鍵を収納している方をお見受けしました。しかしながら、まとめて入れることで、もし財布の紛失や盗難などに会ってしまった場合の不安を感じてしまうのは筆者だけでしょうか?かっこいいメンズを目指すならば、革靴や革鞄、財布などに気を使われるように、キーケースにも素敵な入れ物を用意してあげることも気持ちが良いことです。そして、日本では4月と言えば、新生活を迎える方も多いですよね。ご自身が職場の異動などで引っ越しをされたり、お世話になっている大切な人のお引っ越し祝いにキーケースを差し上げるのも粋ですね。信じるか否かは皆様次第ですが、風水では、家の鍵をしっかりとしたキーケースに入れることは、"お自宅の運"を守ってくれると言われています。また、"馬"に由来した素材や馬蹄などのモチーフはさらに縁起が良いとされているようです。これからご紹介するYUHAKUのキーケースは、美しい発色の水染めコードバンを使用していますので、馬にも関係しています。ご興味のある方はぜひ一読ください。


マテリアルのご紹介

水染めコードバン&クリスペルカーフ キーケース by YUHAKU(品番: YCC172)

外装は、革のダイヤモンドと言われるコードバンを使用。独特のツヤと輝きがある希少性の高い革です。コードバンは、表面を使う一般的なスムースレザーとは異なり、馬の臀部の革の裏側から削り出した、コードバン層と呼ばれる特殊な素材を用いて作られています。コードバンと言えば、顔料などでコーティングしたものが一般的ですが、ご紹介のYUHAKUでは水性染料を使用した水染めコードバンを採用しています。さらにYUHAKUにて手染め仕上げがされているので、絶妙なグラデーションが特長です。発色も秀逸で高級感のある風合いも魅力の素材です。商品に採用されているカラーは、Camel・DarkBrown・Blue・Wine・Blackの5種展開です。次に、内装はドイツ名門タンナーであるペリンガー社から生まれた、独特の発色と水シボが生み出す高級感が魅力の最高級ボックスカーフ、クリスペルカーフです。生後3〜6ヶ月の仔牛を用いて、クロム鞣しで短時間で鞣されたものをボックスカーフといい、クリスペルカーフは表面に水シボと呼ばれる細かい波模様をした凹凸が特長です。発色が鮮やかで高級感に飛んだ革質。使うほどにタンニン鞣し革のような光沢感が増していきます。小キズや水分による汚れ、皮脂による脂汚れには比較的強く、お手入れが容易な事もメリット。YUHAKUでは、贅沢に財布の内側に使っています。主張しすぎない感じの黒色ではありますが、これには外装の鮮やかなコードバン、すなわち有彩色を引き立てる効果を狙ったものと思います。


形状のご紹介

水染めコードバン&クリスペルカーフ キーケース by YUHAKU(品番: YCC172)

水染めコードバン&クリスペルカーフ キーケース by YUHAKU(品番: YCC172)

一般的な鍵をちょうど包むような小型な三つ折りキーケースです。一般的な規格サイズの鍵であれば、2〜3本取り付け可能です。ボルトのねじ込み式なのでしっかりと固定でき、ナスカンとリング2個も付いています。したがって、バッグ内でキーケースが転んでしまうのが嫌いな方は、バッグ内で固定できるので安心でしょう。


まとめ

水染めコードバン&クリスペルカーフ キーケース by YUHAKU(品番: YCC172)

ちょっとしたおしゃれを感じさせるキーケースはいかがでしたか?このキーケースは、最高級素材同士の組み合わせと言えるでしょう。手染めの風合いも美しく、持った時のフィット感もちょうどいいコンパクト感が最高です。これからの時期で言えば、ファッション性を重視したい人はBlueは最適です。また、長期的に愛用しじっくりと育てていきたい人は、Camel・DarkBrown・Blackも良いですね。また、男性から女性へのプレゼントにはWineが良いかもしれませんね!


商品のご購入はこちら


JAPAN LEATHER BRAND“Mens Leather Magazine”がオススメする本物志向のレザーブランド

Official SNS

Copyright© Mens Leather Magazine. All Rights Reserved.

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。