素材の存在感と手縫いの相乗効果。優越感を満たす美しいリザードの束入れ。

小銭入れが備えず、お札とカードをすっきりと収納して使う束入れ。束入れは小銭が入らない分、薄くてスリムであることがメリットです。一方で、小銭が入れられないことがデメリットであるのも事実ですね。束入れを購入する場合、店頭では実際に手にとって確認できますので、小銭入れの有無を確認できますが、ネット販売では、イメージ画と文章やスペックでの訴求しかないサイトも多く、購入者側での確認や十分なリサーチが必要となるケースが多くあります。本革の財布ともなれば、本格的なものであれば非常に高価な買い物ですし、筆者にとしては、せっかくの高い買い物をするのであれば、大事に長く使っていきたいと考えています。小銭入れは別に用意して、いつまでも型崩れぜずに丁寧に使える束入れは、財布交換のサイクルを長くする上では都合よく、さらには、お会計時にお札やカードをさらっと出せる演出は、非常にかっこいいものと自負しています。

ここでは『crevaleathco(クレバレスコ)』のリザードを贅沢に使った束入れをご紹介します。日本製のビスポークで、精密ミシンで縫われたような手縫いの革製品を展開しているブランドですので、しっかりとしたハンドステッチ(八の字縫い)が、美しいステッチワークとして刻まれ、コバも引き締まったブラックで整えられているので、ハイクオリティで好評な束入れです。リザードの財布といえば、エキゾチックレザーであるのに、一見地味でそつない感じと捉える方も多いと思います。しかしながら、『Crevaleathco』の束入れは、落ち着きがありつつも、どこか華やかな印象を持った不思議なオーラを感じさせる財布なのです。


一目一目に技と存在感を宿した、オールハンドステッチ。

『Crevaleathco』の特長は、何と言っても全ての製品がミシンなどの機械を一切使用せず、オールハンドステッチ(総手縫い)を採用していることです。手間のかかる手縫いステッチをあえて選ぶのには、ミシン縫いでは表現できない様々なメリットがあるからです。一目一目刻んだように引き締まった糸が、表皮に美しい凹凸と陰影を生み出し、規則的で重厚感のあるリズムでステッチラインを演出。また、八の字縫い(サドルステッチまたはダブルハンドステッチ)という2本の糸が交差する縫い方をしており、長期間使用して部分的な擦れなどでステッチが切れた場合でも一目一目が内部でしっかり絡み合っているため、ほつれにくくなっています。さらに、均一な力で縫い合わすミシン縫いと違い、アイテムごとに異なる革の部位や厚みなどを考慮して、職人の感覚で糸を締め付ける力を最適になるように変えることも可能と聞きます。その上、蜜蝋をしっかり塗り込んだ糸を使用することで、糸同士が滑りにくく摩擦が生まれ、柔軟性を保ちながら堅牢な状態を維持できます。世界的なブランドでは、かの『エルメス』の革職人が伝承している手縫い手法『クウジュ・セリエ』が有名ですね。馬具を作る職人であった創業者のティエリ・エルメスが考案した究極の手縫いです。縫い目3mmを基準にして仕立てられた製品は、美しいの一言です。

素材の存在感と手縫いの相乗効果。 優越感を満たす美しいリザードの束入れ。


独特な模様と鮮やかな発色が魅力。外装に宿した軽くて丈夫なリザード。

東南アジア一帯に生息しているリングマークトカゲの革を使用した、高級皮革に位置付けられているトカゲ革「リザード」を使用しています。リングマークトカゲは、背側に小さいリング状の模様があり、高級皮革として多くのブランドで使用されているトカゲ革です。『Crevaleathco』では、リングマークが染色で見えなくなる様に処理したものを採用しています。そのため、実際にはリングマークを目視する事はできません。エキゾチックレザー専門のタンナーが丁寧にクロム鞣しを施した、深みがあり鮮やかな色を実現した上質な革を厳選しています。「リザード」は、束入れやコインケースなど、本体の外装に使用するだけでなく、部分的なデザインアクセントとしての演出も効果的な美しい素材です。筆者も、クロコダイルなどのエキゾチックレザーはかっこよくて、リザードはどこか地味であるという先入観を持っていたことから、『Crevaleathco』の束入れを見て、ネガティブなイメージの払拭と、思わず手に入れて見たいという購買意欲をかき立てられました。

素材の存在感と手縫いの相乗効果。


随所に光る、高級感を感じさせるディテール。

落ち着きあるブラックの内装の中央部には、『Crevaleathco』のロゴがシルバーの箔押しで入ります。その下には、外装と同系色のリザードが差し色で組み合わされます。洗練された印象の中に、ジャケットなどに入るエルボーパッチ(肘あて)のようなデザイン性を感じさせてくれるワンポイントのリザード。これこそが、手縫いにこだわって、素材のバランスと落ち着きのある世界観に上品で粋なカラーバランスを成立させていく、「Crevaleathco」の真髄です。

素材の存在感と手縫いの相乗効果。 優越感を満たす美しいリザードの束入れ。


まとめ

みなさんいかがでしたか?『Crevaleathco』の総手縫いとリザードの束入れは、世界的な高級メゾンでも導入されているハンドステッチ(手縫い)で、完全なる手仕事のため手縫いを行う職人の技術力が問われます。そのため、一般的には大量生産が困難で、多くのお客様には提供しづらい生産数・価格になります。しかし、『Mens Leather Store』から限定販売します『Crevaleathco』製品に関しましては、ハンドステッチ(手縫い)の優れた耐久性や、上質な素材に映える美しい菱目ラインを実感していただくために、また、少しでも多くのレザー愛好家の方々に愛用していただくために、良心的な価格設定にて提供していますので、ご興味のある方はぜひ次の財布選びの参考にしてください。束入れと同じく、リザードの小銭入れを組み合わせると、きっと素敵なライフスタイルが過ごせると思いますよ!

素材の存在感と手縫いの相乗効果。 優越感を満たす美しいリザードの束入れ。

素材の存在感と手縫いの相乗効果。 優越感を満たす美しいリザードの束入れ。


Crevaleathco Lizard Breast Wallet

○SPEC
品番 : CL-L-LW-01
品名 : クレバレスコ リザード束入れ(小銭入れ無し)
サイズ : 幅193 × 高さ95 × 厚さ22mm(新品時の計測)
重さ : 約106g
素材 : リザード(東南アジア産クロム鞣しトカゲ革)& 国産クロム鞣し牛革
生産国 : 日本



crevaleathcoの販売ページはこちら


JAPAN LEATHER BRAND“Mens Leather Magazine”がオススメする本物志向のレザーブランド

Official SNS

Copyright© Mens Leather Magazine. All Rights Reserved.

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。