バイオミメティックスと言える設計の賜物。総革で軽い、身体にフィットするリュック。

近年、日本をはじめ、世界各国で競い合うように技術開発が進む「バイオミメティクス」。一見小難しい事を言っているようですが、簡単に説明すると、昆虫や小さな生物などの機能や身体的な特長を生かしたモノ作りを言います。今回ご紹介いたします『Flathority』のコーカサスリュック(Lサイズ)は、名のごとく、アジアで最大のカブトムシであるコーカサスオオカブトから由来しています。身体の厚さと幅や丸みが美しく、背中に背負った時のフォット感が秀逸です。独自の立体断裁製法を採用している『Flathority』ならではの、シンプルな容姿に実用的な美を表現した自信作と感じさせてくれるリュックです。


きめ細く鹿革のような柔らかさを併せ持つ高級な仔牛革を採用

ディアスキン(鹿革)のような堅牢性・柔軟性と、キップ(生後6ヶ月から2年くらいまでの仔牛革)の繊細できめ細やかな触り心地を併せ持つ、とても軽くて柔らかくシルクのように滑らかな「ソフトキップ」を採用しています。リュックは背中で背負うものですので、見えないところで小キズがつくのはしょうがないことですが、鞣し時にオイルをたっぷりと含ませているので、キズが付きにくく、小キズ程度なら指でこすって馴染ませるだけで消えます。日常のお手入れが非常に簡単なのはメリットが高いですね。また、天然革の宿命と言いますが、ダイレクトに雨などに降られて、水に濡れてしまって痕が残ってしまったりすることがありますが、ブラックで染色しているので濡れても目立ちにくく、濡れてしまった部分もしっかりと水気を取るなどの対処をすれば徐々に馴染んで復元していきます。エイジングによる調和と併せて、それ自体も素材の味として楽しんでいただける安心感が嬉しい素材です。

スティックインカードウォレット


目に見えるだけが意匠ではないと感じさせてくれる工夫

コーカサスリュックは、型崩れを防ぐさまざまな工夫を施し、美しさと快適さを長く維持できるように設計されています。素材の「ソフトキップ」はとても柔らかく、単に組み立てて縫製するだけでは長期的に形状を保てないため、職人がすべてのミシン箇所に「ノビ止めテープ」を貼って補強しています。縫製する際にも、全面に型崩れしない処理を施すこだわりようです。これらは目視できない内部の細かな処理なのですが、使い続けて初めて実感のできる重要な部分です。また、使用することで革が伸びてシワや歪みが生じやすいショルダーベルトは、職人がベルトを覆う「ヘリ巻き」をひとつひとつ見定めながら手仕事で作り上げています。こうした工夫により、美しいシルエットラインを損なわずに維持でき、長きに渡って快適に使い続けられるリュックを生み出しています。実用面では、総革では背中が蒸れて一年を通して使えないですが、きちんと発汗性のあるメッシュを組み込んでいるので安心ですね。さらに、財布やキーケースなど、すぐに出し入れができつつ、しっかりと収納したいものを入れることのできる、ファスナー付きのポケットを備えている点も嬉しいところです。こちらも背負ってしまえば見えない部分ではありますが、使用者にとってはリュック選びの重要なポイントではないでしょうか。

スティックインカードウォレット


使う部分で色分けされた金具の数々

メインコンパートメントには、アンティークゴールドで統一したYKK製ニッケルファスナーと本革の引き手を組み合わせています。ダブルスライダー式の外装ファスナーにより、スムーズな出し入れが可能です。引き手のロゴももちろんゴールドです。その他の金具類は、シルバー調を合わせ、落ち着きのある印象を演出しています。ゴールドとシルバーの合わせ技は、メインコンパートメントにプライオリティを高めた色彩の立体感を生んでおり、脱帽のチョイスではないでしょうか。一見全ての金具類をゴールド調にしたいところですが、それですと逆に単調となってしまい、高級感が損なわれる事を知っての判断が素晴らしいの一言です。

スティックインカードウォレット


まとめ

みなさんいかがでしたか?『Flathority』のコーカサスリュックは、筆者もヘビーローテーションで愛用しています。実はこれまで本革のリュックも使ったことがありませんでしたし、自身でも意外でしたが、ナイロン製のリュックでもブラックカラーのものは使用していなかったようで、ビジネスの場でもオフの日でも、何と言ってもシチュエーションを選ばないパフォーマンスの高いリュックであると、かなり重宝しています。素材が本革であることがファッション性を高めている面もあるので、手に入れて良かったなと実感する今日この頃です。

スティックインカードウォレット

品番:FF-204
品名:Flathority コーカサスリュック(L)
サイズ:幅310 × 高さ530 × 奥行150mm(新品時の計測)
重さ:約990g
素材:本体:ソフトキップ(子牛革)/ナイロン(リモンタ・ブラック)
生産国:日本



販売ページはこちら


JAPAN LEATHER BRAND“Mens Leather Magazine”がオススメする本物志向のレザーブランド

Official SNS

Copyright© Mens Leather Magazine. All Rights Reserved.

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。